投稿日:

包丁ができるまで

 

日本の包丁の凄いところは、かたい金属と柔らかい金属を重ね合わせることで、切れ味が良く、同時にしなやかで丈夫な刃を実現したところです。

もちろん、それを可能にするには、特別な技術・ノウハウが必要です。まずは、種類の違う金属を張り合わせるところ。

高温で赤くなった金属の塊を叩いて伸ばし、刃の形に整えていきます。成型後、包丁の性能を左右する重要な工程「焼き入れ」を行います。
1丁1丁、熟練の職人が曲がり・狂いをチェック。
研ぎも手作業で。指先でミクロン単位の調整を行います。
刃が完成したら、柄を組み付けて完成です。
出来上がった包丁。最終検品の上、梱包・出荷されます。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください